■美食覚え書き日記 #17

20230127-1.jpg


今回は、宮崎に住んでいる母が大好きな
さつま芋を使った郷土菓子、
味のくらや」さんの「からいも団子」&「ねりくり」の紹介です。

「味のくらや」さんといえば、あくまきや黄娘も有名↓
 




見た目はきな粉のおはぎのような雰囲気で、実際によく似ていますが
違う点は、お餅(もち米)だけでなく
蒸したさつま芋(からいも)を一緒についた「さつま芋餅」だという点。

20230127-2.jpg


「からいも団子」は「さつま芋餅」に粒あんが詰められたもので
「ねりくり」は「さつま芋餅」のみという違いがあります。

ちなみに、宮崎ではねりくりの方が主流なんだそう。




注文するときは店舗では
「からいも団子」と「ねりくり」をそれぞれ好きな数ずつ詰めてもらえ
6個だと840円(税込)。

20230127-3.jpg


味は原材料からも想像できると思いますが
ふわふわ食感の中に、さつま芋の塊も残っているのが◎

「ねりくり」のほうは、
甘さが控えめで、さつま芋の甘みと香りを感じられる素朴な味わい。

「からいも団子」のほうは、
つぶあんとさつま芋ときな粉のバランスが絶妙で美味。

どちらもそれぞれに美味しいけれど、餡子が好きな義母や夫は「からいも団子」派。
私はさつま芋を堪能できる「ねりくり」派。
この辺は好みが分かれると思います^^




また、購入当日にそのまま食べるとふわふわ食感で、
冷蔵庫で冷やしてから食べると、ちょっとかたくなり
これはこれで美味しいです^^b

20230127-4.jpg


原材料に使われているのは

甘藷・餅・砂糖・塩・黄粉・粒あん(からいも団子のみ)

とシンプルなのも◎

保存料等は入っていないので、賞味期限は冷蔵で3日と短いため
自宅用以外のお土産には向かないのが玉に瑕。

私はいつも宮崎空港で購入していますが
全国の百貨店で開催される物産展にもよく出店されているみたいなので
機会があればぜひ☆

「味のくらや」全国催事情報↓
https://www.ajinokuraya.co.jp/saiji/




郷土料理ということで、ちょっと調べるとクックパッドなどでも
簡単に作れそうな沢山レシピが出てきたので
お正月のお餅がまだあるよ~という方は、ぜひぜひ♪

レンジを使ってつくるレシピ↓
かんしょのねりくり by JA宮崎経済連

かんしょのねりくり by JA宮崎経済連

かんしょ(さつまいも)を使ったおやつです☆お茶に良く合うので、ホッとしたい時に最適です♪


鍋ひとつで作るレシピ↓
簡単!さつま芋とお餅のお団子♪ねりくり by ?mom745?

簡単!さつま芋とお餅のお団子♪ねりくり by ?mom745?

「検索トップ10♪」に入りました!ありがとうございます?九州の実家で、鏡開きの後に母がよく作ってくれていたおやつです。



住まい方十人十色。

にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ
にほんブログ村
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

■1月のLDK -2023-

20230125-1.jpg


今年の1月のLDKのインテリアは
義母がダイニングテーブルに生けてくれた花から
全体的に和洋折衷な雰囲気で整えました^^




パッと目をひく赤色のケイトウと、大輪の淡いピンク色の菊をメインに
ドライにもなって長持ちするバーゼリアやスターチス、ヒバ類が
足元にバランスよく生けられています↓

20230125-2.jpg


個人的に、枝の使い方がさすがだな~と。
私だったら思いつかないし、与えられたとしても
このバランスで入れることは、きっとできなかったと思います。




無印の棚↓

20230125-3.jpg


今年も、例年通り義祖父宛に届いていた
同じ方からの年賀状を。
今年は兎年なのでウサギが描かれた1枚を選び、額に入れて飾りました。





キッチンの窓台↓

20230125-4.jpg


こちらも今年は和洋折衷な雰囲気を意識した花を飾りました。




左側は毎年1月に花器として使っている茶道具の水差し。
手作りの扇と、マムと紫陽花のアーティフィシャルフラワーを生けました。



20230125-5.jpg


隣には、小さな生花を。
こちらは先月夫が買ってきてくれた記念日の花の中から
まだ元気だった花を選んで、リビング側とふたつに分けて小さく生け直しました。

   




リビング側↓

20230125-6.jpg


今年はクッションカバーの組み合わせがちょっと新鮮。
濃いグレーだと、赤色のクッションカバーが映えます。




テーブルに飾るのは、毎年ほぼ同じ什器で
基本的には中央の花だけ変わるかんじ。

今年はアーティフィシャルフラワーではなく生花を。
ブルニアとエリンジウムはドライにもなるので長持ち。

リューココリーネは弱そうに見えるけど意外と花もちがよくて◎

写真を撮った時はまだつぼみだったシュウメイギクも
ちゃんと可愛い白い花が咲きました。

シュウメイギクは押し花にしても可愛いです^^
   

20230125-7.jpg


ガラスの鏡餅も9年目。



今年は鶴が折り紙から、錫製のものに変わりました。
レビュー記事はこちら↓
■箸置き以外の用途にも使える美しい箸置き

■箸置き以外の用途にも使える美しい箸置き

お取り寄せで地域を応援するオンラインショップを運営されている「産直お取り寄せニッポンセレクト」さんより富山県の高岡銅器「錫箸置き 向かい鶴」のモニター機会をいただいたので今日は実際に使ってみたレビューをしたいと思います。こちらは日本の伝統的な文様「向かい鶴」の形をした錫(スズ)製の箸置き。このような「向かい文様」はつがいの意味合いから和合の印として、「夫婦円満」「子孫繁栄」を願う婚礼や祝い膳の調度...






いつもは撮らない角度から撮ってみました↓

20230125-8.jpg


LDKのお正月インテリアは、クリスマスが終わってから
松の内の7日までと決めていて、7日を過ぎたらしめ縄等といっしょに片付けています。

早々に片付けてしまう理由は
いろいろ細々したものが飾ってあると、掃除がしにくいということもあるけれど
片付けると、お正月気分から抜け出して日常に戻らなきゃと
気持ちよく気分を切り替えることができるというのが大きいかも。

逆にクリスマス雑貨を片付けて、こうしたお正月雑貨を飾っているときは
いよいよ年末で、新年を迎えるんだなという気持ちになります^^


住まい方十人十色。

にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ
にほんブログ村
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。