■「能登」旅行記 (宿編) 

20221202-1.jpg


少し前に18年目の結婚記念日を迎えました。お付き合い期間を含めたら21年目。

毎年、記念日にはふたりでいつもよりも少し美味しい
食事をしに出掛けるのが恒例なのですが
今年は夫の提案で能登(石川県七尾)へ1泊2日の小旅行に行ってきました。

行きは愛知県から東海北陸自動車道経由で、岐阜→富山県→石川県と移動したのですが
旅館に着くまでに、能越自動車道の高岡IC~七尾大泊ICが9時~17時で通行止めになっていて
強制的に下道の「国道8号~160号(迂回路)」を走ることに。

食事時間の予約の関係で、チェックインの時間には到着したかったので
下道で間に合うかな?と心配しましたが
富山湾沿いのドライブは景色も良く、時間も間に合ったので
結果的には良かったです^^




ということで、今回のお宿「白鷺の湯 能登 海舟(共立リゾート)」に到着。

20221202-2.jpg


一休.comで「全国旅行支援」が発表される前に予約していたのですが
後から適用され、1万円(1人1泊あたりの上限5千円×2人分)の割引が適用されました^^




↑の画像だけみると、こじんまりした旅館なのかな?という印象ですが
引きで見ると↓のように、リゾートホテルらしく客室数の多い宿となっています。

20221202-3.jpg


こちらに決めたのは
昨年の春に開業されたばかりで新しくて、お部屋風呂が付いているから。

大浴場が苦手ということもありますが
自由にサっと入れるお部屋風呂の気楽さが快適なので
お部屋風呂付の宿を選ぶようにしています。



お宿に着いたのは、ちょうどチェックイン時間の15時。

チェックインの時間にこだわったのは
夕食時間が2部制(17:30~と20:00~)になっていて
先着順で時間を選ぶようになっているから。

私たちは早い時間の方が良かったのですが
あまり遅くチェックインすると、遅い時間しか選べないという
クチコミを読んでいたので、早くチェックインしたかったのです。

20221202-4.jpg
ロビーの席から見える景色


中に入ると、番号札を渡され
番号順にチェックインの手続きをする流れになっています。

番号が呼ばれるまではロビーの席で待つことになるのですが
ウェルカムドリンクのコーヒーやお茶(加賀棒茶と玄米茶がありました)はセルフ。

このあたりを含め、アメニティも歯ブラシ以外はフロントロビーにある
アメニティブースから必要な分だけ、セルフで持っていくなど
サービスは全般的に大型リゾートホテルらしい合理的な感じで
価格に見合ったバランスが取れているなと思いました。




チェックインを済ませたら部屋へ移動。

館内で歩く場所は全て畳敷き(風)になっているので
スリッパなどの室内履きはありません。

20221202-5.jpg


九谷焼のルームキーや、廊下の加賀獅子頭など
地域の伝統工芸が何気に散りばめられているのが◎




今回予約したのは「和洋ツイン」。

20221202-6.jpg


部屋は和モダンな雰囲気で清潔感があり◎

枕は部屋にあらかじめ用意されているもののほかに
廊下に自由に選べる枕が、枕カバーとセットで種類別に棚に用意されていたので
私は低い枕(ひの木枕)、夫は高さのある枕をそれぞれ持ってきて使わせていただきました。



アメニティが、あまり充実していなかったに対し
思いのほか、部屋のドリンク類が充実していてびっくりしました。

・ドリップコーヒー2種(スペシャルブレンド/カフェインレス)
・ティーバッグ(紅茶、煎茶、煎茶(抹茶入り)玄米茶)
・ペットボトルのミネラルウォーター500ml(冷蔵庫内に4本)

夫は常に水分が欲しい人なので、たっぷりあって助かりました。

20221202-7.jpg
お着き菓子は能登名物「ひっぱり餅」が用意されていました


館内で着る服のセットは、作務衣やたび靴下、綿入りの半纏が用意されていました。

ちなみに部屋に用意されている作務衣がMサイズとLサイズなのですが
私たち夫婦はSサイズとXLサイズが必要だったので
フロントと同じ階で選べる色浴衣の
隣に用意されていた作務衣をいただいてきました。

用意されている部屋着はサイズが合わないことが多いので
こうして別で用意されていたのは嬉しかったです^^

能登名物「ひっぱり餅」はお餅の中に甘納豆が入っている和菓子↓





そして、宿泊の決め手になったお部屋風呂↓

20221202-8.jpg


海側の建具は開閉ができるようになっていて
七尾湾を望みながら入れる天然温泉の露天風呂。

夕食までの日没前に入りましたが、とても気持ち良かったです^^




部屋からの眺めもオーシャンビューで非日常を味わえ
日の出と日の入り、それぞれの美しい景色に癒されました。

20221202-9.jpg


部屋にお風呂セットも用意されていたので
今回は早起きして、大湯処にもチャレンジしてきました。

部屋よりも低い階にあるので、海までの距離が近くに感じられ
部屋とはまた違った開放感のある露天風呂が◎
人がいないのでサウナも独り占め。しっかり朝から汗をかいてデトックス。

また、お風呂あがりに休憩できる「湯上り処」では
「牛乳」や「デトックスウォーター」も(夜は牛乳ではなくアイスキャンディー)

大湯処だけで満足してしまったので、入りませんでしたが
早朝は「桧・石・陶器」と3種類ある貸し切り風呂も空いていました。
(見学だけしましたが良い雰囲気でしたよ~)

ちなみに和倉温泉の泉質は
ナトリウム・カルシウム塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)で
効能は「殺菌、保温、美肌、リウマチ、痛風、神経痛、貧血、虚弱児童、慢性夫人疾患、アトピー、
胃腸痛、貧血症、肥肝症、便秘改善」などがあるそう( ..)φメモメモ




チェックアウト前に、少し時間があったので
屋上の「潮待ちテラス」へ。

20221202-10.jpg


客室は12階までで、宿泊したのは11階。

屋上は13階にあるのですが、2階違うだけで
また見え方がこんなに変わるんだ~と感動しました。
立ち寄って良かったです^^



次回は「お宿の夕食編」です。


住まい方十人十色。

にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ
にほんブログ村
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment