■7月の外庭 -2023-

20230731-1.jpg


トップ画像は女郎花(オミナエシ)。
義母が昨年植えてくれたもので、今年初めて花が咲きました。

秋の七草だけど夏から咲いている、多年草。
黄色の小さな花がとても可愛くて切り花としても長持ちしてよいのですが
糠のような強いニオイがあるので、飾る場所は選びます^^;

ちなみに、男郎花(おとこえし)という花もあるのだとか。
どちらも知らないと読めない漢字ですね。

男郎花は白色↓
 

女郎花↓
  




小さい花つながりで、ノコギリソウ↓

20230731-2.jpg


こちらは先月から満開を迎えていてたくさんの花が咲いています。
昨年につづき、2年目かな?

おまけで付いてきた種を蒔いたら、すくすくと育ち
特に手も掛けていないけれど、今年も咲いた園芸初心者にも優しい多年草。

切り花にすると、パラパラと散るので
飾る場所は選ぶけれど、水揚げもよく割と長持ちします。

  




たくさん花が咲いたベロニカ↓

20230731-3.jpg


稲穂のように、縦長に小さな花が咲く花でこちらも多年草。

こちらはノコギリソウほど花数はそれほど多くないけれど
ボリュームがあるので存在感があります。

↓こんな感じで密に咲くようになるのは何年後かな?
  




今年植えた、エキナセア↓

20230731-4.jpg


キク科の多年草。

とてもドライフラワーになるように見えないけれど
真ん中の部分がしっかりしているので
その部分がドライフラワーにもなるのだそう( ..)φメモメモ

真夏の仏花としても◎





主幹が太くなり始めたドドナエア↓

20230731-5.jpg


かなり細い主幹で、ずっと支柱が必要だったのですが
ここ数か月で、ぐっと幹が太くなってきました。

まだ支柱は取れないけれど、丈夫になってきた感じがして嬉しいです。

 




黄色もオレンジも復活したランタナ↓

20230731-6.jpg


ピンク色に続きオレンジも黄色も花が復活。
散歩をしていても、よく見かけます。

左)トロピカルサンセットというカラーの品種。変わってますね~!↓
 




実はまだ咲いてる、赤色のキンギョソウとナデシコ↓

20230731-7.jpg


満開!という時期は終わっていますが
ビオラが咲く春くらいからずっと咲いています。

花期が長いですね~。
ナデシコは昨年からの株で、キンギョソウは昨年植えたのは
絶えてしまったので今年植えたものかな?

ナデシコのほうが丈夫みたいです。

 




夏のハーブ、シソとゴールデンオレガノ↓

20230731-8.jpg


シソといえば夏ですが
オレガノもシソ科なんですね。

ただ、食用としてはクセが強いので我が家では使ったことがないです。
乾燥させれば、使いやすくなるのかな>

ライムグリーンの葉色がきれいな多年草で
成長のスピードが速く、高さも10cmくらいとそれほど大きくないので
グラウンドカバーとしても良さそう◎

まだ花を見たことがないので、花が楽しみです。
  


住まい方十人十色。

にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ
にほんブログ村
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment