■オールシーズン活躍するショートブーツ!

20231010-1.jpg

[PR]
今日は、靴医学と人間工学に基づく研究成果を取り入れた靴で
足の悩みを解決する「AKAISHI」さんの新商品のブーツ
116ショートブーツ」のレビューです☆




AKAISHIさんのショートブーツは何足か愛用させていただいているのですが
なんだかんだでいちばん出番が多いのは

「装飾をそぎ落としたシンプルなデザイン」&「人工皮革」&「ブラックカラー」

の条件がそろったこちらの「116」シリーズだったりします。

出番が多い理由は

・シンプルなデザインで服を選ばない
・人工皮革なので、雨天でも履ける
・ウェッジヒールのおかげで、安定感があって歩きやすい
・ショート丈で、脱ぎ履きしやすい


が主な理由になります。

20231010-2.jpg


特に「雨天に履けるショートブーツ」ということで
梅雨時期など、冬以外にもレインブーツとして履いているので
ブーツだけどオールシーズン使えるという
私にとっては欠かせない1足になっています。

という訳で、5シーズン前からヘビーに履いてきたブーツが
もうそろそろ替え時かな…と同シリーズをリピした次第。

ちなみに「116」シリーズには「サイドゴアブーツ」もありますが
そちらは、サイドゴアの部分のゴム部が
がっつり雨が降っている日には向かなさそうだなと思って
ファスナー式のこちらを選びました。




さっそく履いてみました!^^

5年間ですっかり足に馴染んでいたブーツと比べると
おろしたて感は感じるけれど、当たって痛い部分はゼロ。

問題なく初日からサクサク長時間歩き回れました。

20231010-90.jpg


なにより6cmヒールは、脚長効果抜群ですね!

特にブラックカラーのタイツと合わせると
脚がすらりと伸びて、スタイルアップして見えます(自分比)。

ちなみに、ヒール高は6cmだけどヒール差高は4cmなので
4cmヒールを履いている感覚で楽に歩けちゃいます♪
(※ヒール差高:全体のヒール高からつま先の底部分の厚みを引いた高さ)




長時間、サクサク歩ける秘密は
AKAISHIさんの靴を履いたことがある人ならわかる
↓の写真の取り外せる「立体形状のインソール」のおかげですね^^

20231010-40.jpg


足裏を痛めやすい私にとってインソールの足裏へのフィット感は
靴選びの重要なポイントのひとつ。

AKAISHIさんの取り外せる立体形状のインソールは
凸部が土踏まずにピッタリとフィットし、アーチを心地よくサポートしてくれるので
靴の中で足が浮くことなく、履いていてると足裏を支えられている安心感があります。

このフィット感はAKAISHIさんのシューズ以外では感じたことがないし
実際、AKAISHIさんの靴を履くようになってからは
長時間歩いても足裏が痛くならず、とても助けられています!^^




立体形状のインソール以外にも、アッパー部分が柔らかくて
つま先部分が反りあがっている形状もポイント。

歩いている足の動きに合わせてつま先部が曲がることで
靴を履いているときにありがな甲への負担がなく
つま先部分が反りあがっているので
足が自然と前へ前へと楽に出るんですよね。

20231010-30.jpg


あと、5年前から変わっていないのが履き口のスリットデザイン。

ファスナー側じゃないほうはデザインが変わっていますが
スリットがはいっていることで、見た目的にスッキリ見えるだけでなく
履き口まわりの圧迫感がなく、フィット感はありながら
楽な履き心地なんです^^


ちなみに、筒丈は5年前のモデルよりも少しだけ長くなっていました。

筒丈の短さも気に入っていたので
長くなった使い勝手などの影響は、これからヘビーに履くことで分かると思いますが
全体的なデザインは、カジュアル寄りな雰囲気から
良い意味で上品な雰囲気になったと感じています◎




他にも、AKAISHIさんのオンラインショップではあまり触れられていませんが
シューズの内側は、履き口周りは足当たりが柔らかく
ソフトにフィットするフカフカ素材で冬は暖かい素材が使われていて
蒸れやすい甲周りや足先などは、メッシュ素材と切り替えられているのも◎

そしてアウトソール面は滑りにくい凹凸加工がしっかりされていて
面積も広くて安定しているので、雨天で地面が滑りやすくなっているときにも◎

20231010-6.jpg


また筒丈や履き口周りのサイズも
きちんとサイズごとに設定されています。

これって、きっと足のサイズによって足の長さなどが異なることを考慮して
最適な筒丈を設定しているってことですよね。

AKAISHIさんのシューズのファンとしては
こういう点ももっと商品ページでアピールしたらいいのにと思ってしまうのですが
履き心地の快適さを追求しているAKAISHIさんにとっては
きっと「当たり前」のことなんですよね。




ちなみにサイズ感としては
スニーカーは22.0cm、パンプスは21.5cmの私の足で
秋冬用の少し厚めの靴下を履いて、Sサイズでジャストフィット☆

20231010-5.jpg


「付属しているスペーサー」を取り外せるインソールの下に敷けば
サイズの微調整もできるので、レッグウェアに合わせて調整も可能です。

スペーサーは市販でも売っているけど
靴の形やサイズに合わせて自分できれいカットするのは
意外と難しいし手間でもあるので
そのまま使えるサイズの専用品が付属しているのは、とても助かります^^




さらに万一、付属のスペーサーを入れても履き心地がフィットしなかった場合は
「くるぶしの高さ調整」「インソールの硬さ・厚み・アーチ調整」
「かかと脱げ防止調整」「甲周り履き心地調整」「革伸ばし」等の
これってオーダーメイドでは?と思うレベルで、きめ細かい調整をしてもらえる
「履き心地調整」サービスを利用することもできますよ。

しかも「調整費」は「何度でも無料」!
(調整依頼は往復送料も無料です!)

ご利用ガイド「フィッティング調整について」「アフターサービスについて」

20231010-8.jpg


他には、通販で靴を買うときには
サイズが合わなかったら…イメージと違ったら…などなどの不安がありますよね。

AKAISHIさんの場合は、チャックリスト式の「試し履きガイド」と共に
「返品・交換用の着払い伝票」が商品と一緒に送られてくるので
カラーやサイズ等で迷ったら、とりあえず注文して
実際に履いて合わせてみるのがおススメです!

ご利用ガイド「返品・交換について」

返品手数料、送料無料になる条件や
返品・交換の仕方も、とても分かりやすくまとめられています。

サポート体制がしっかりしているAKAISHIさんなら
通販でも安心して靴を買えますよ。




また有償ではありますが、良心的な価格で「修理」サービスもあるので
気に入っている靴は修理をしながら
長く大切に履き続けることができます☆

こういったサービスを活用すれば
「履くと(歩くと)痛いから…」「一部が傷んでしまったから…」と
せっかく気に入って買った靴を諦めずに済むし
お蔵入りしてしまうこともありません。

20231010-70.jpg


ヒールがちゃんとあって、レインブーツとしても活躍する
歩きやすいショートブーツを探しているかたにオススメです。


「116ショートブーツ」はこちら↓
116ショートブーツ
「ブラック」「グレー」「スムースブラック」の3色展開です。


外反母趾やO脚など足のトラブルはアーチフィッターの 靴とサンダル通販で解決!
外反母趾・O脚にはアーチフィッターファンサイト参加中
※【提供】株式会社AKAISHI
※今回は体験記事ですのでコメント欄は閉じさせていただきました<(_ _)>


住まい方十人十色。

にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ
にほんブログ村
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
関連記事